ため池保全県民運動

ため池教室

012

ため池のしくみ ー さまざまな形をしている

2020年10月14日

ため池にある水は、どこからやってきて、どこに流れていくのでしょうか。また、ため池はどうやって水をたくわえているのでしょうか。 これらのしくみについて見ていきましょう。 ため池の水ー水の循環 ため池にたくわえられている"水”は、集水域に降った雨が集まってきたものです。この"水”が受益域をうるおしたあと、河川などにより海へと流れていくのです。 ...

011

高丘東小でかいぼり体験(明石市)

2020年10月13日

   10月13日に明石市立高丘東小学校3年生35名が学校近くの中笠池(明石市大久保町)で、釜谷池協議会などの地元協力のもと、かいぼりを行いました。 児童達は、泥で靴が脱げないように靴にビニルひもを巻き、いざため池へ!! 水位を事前に下げたため池で魚採りを行いました。泥だらけになりながらも、大きなコイやフナを網や素手で捕まえて楽しそうでした。 最後は、今回採れた生き物についての説明があり、...

010

北淡小学校で「ため池教室」(淡路市)

2020年10月13日

 10月12日に淡路市立北淡小学校で行われた「ため池教室」について、神戸新聞に掲載されました。記事はコチラ!!(神戸NEXTのホームページへ移動します) 小学生4年生44人を対象に農業利用の他に治水機能などの多面的な機能での役割、外来種の増加や高齢化による管理する人の減少などの問題点について説明が行われました。 現地(斗ノ内大池)では、仕掛けていた網に入っているカニやブルーギルの観察会が行われま...

009

記録に残る水争い

2020年10月13日

その1 元禄年中(1688~1704年)のこと。明石藩に属する神出村で新しい池と用水路を設けた。これに対し、神出の下流に水を頼っていた隣の草谷、野寺、野谷新の3村が、異議をとなえた。この3村は姫路藩に属しており、明石藩と姫路藩との争いになった。ついに幕府の京都奉行所の裁決によって、神出村の新しい池と用水路は潰廃(つぶされてなくなる)されてしまった。 その2 1705(宝永2...

008

印南野台地のおはなし

2020年10月12日

古墳時代から奈良時代ごろ(6~8世紀) 条件の厳しい地域でしたが、湧水を活用したり、ため池を築くことによって水田が開け、米づくりが普及していきました。戦国時代ごろ(15~16世紀ごろ) 新田開発が盛んになり、築城や鉱山などの技術を生かし、長い水路を等高線に沿って造り、河川の上流から水を運ぶ方法が普及しました。 ▶1656年、新井(しんゆ)用水ができたことによって、豊かな加古...

007

ため池と米作りーため池がつくられた経緯

2020年10月07日

▼ ため池は農業用水を確保するために人工的につくられた貯水池です。  ではなぜ、ため池が必要だったのでしょうか。 ここではため池と農業とのかかわりについて見てみましょう。 ● 米づくりにはたくさんの水が必要で、お茶わん1ぱいのお米をつくるために、お風呂(200リットル)約3~4杯分の水を使います。 ▼ 稲は田んぼに水をためて、栽...

006

「東播用水の恩恵」印路生産組合のブドウ園でワイン用ブドウ収穫体験IN神戸市西区

2020年09月14日

【「東播用水の恩恵」印路生産組合のブドウ園でワイン用ブドウ収穫体験(神戸市西区)】 台風の影響で開催されるか心配しましたが、9月5日、農事組合法人印路生産組合のブドウ園(神戸市西区平野町)で、ワイン用のブドウ収穫体験が東播用水土地改良区の企画で開催されました。朝からの暑さにも負けず、参加者はなんと約80人❗️  印路生産組合ではワイン専用のブドウ...

005

ため池ランキング

2020年07月13日

▼ 兵庫県には約24,000ヵ所のため池があり、全国一ため池が多い県です。  県内で面積が大きいため池は特に東播磨地域に多く存在し、上位5カ所のため池のうち4カ所は印南野台地のため池となっています。  全国のため池数は約167,000ヵ所です。(令和2年3月農林水産省農村振興局整備部防災課調べ) ...

004

ひょうごのため池の特徴

2020年07月10日

 ため池はつくられる場所によってさまざまな形をしています。 また、いくつかのため池がまとまって存在しているケースもあります。 兵庫県のため池にはどのような特徴があるのでしょうか。                                               水路とため池 ため池群がみられる ▲ 複数のため池が高密度に水路でつながり網の目のように分布していま...

003

地域の農業になくてはならない

2020年07月10日

 ▼ 県下の水田面積の半数近くをため池が潤しています。 全国では、農業用水の11%程度しかため池から取水していないのに対し、兵庫県では、ため池によるところが46%と高くなっています。(兵庫のため池誌より) いろいろなため池がある兵庫県には、形態やまわりの環境、水質、歴史などの違ういろいろなため池があります。さまざまなタイプのため池があることによって、豊かな水辺環境を育み、生きものの...