ため池保全県民運動

ため池保全活動紹介

249

広報かさい(加西市) 2022年8月号

NEW2022年08月13日

■ため池カヌー体験と水辺の安全教室参加者募集日時:9月3日(土)9時〜15時30分 (荒天中止)場所:西笠原町大池内容: (1)午前の部水辺の安全教室 and カヌーとラフティングボートを使った体験会 (2)午後の部カヌー体験(3交代制、安全教室と漕ぎ方講習を受ける(冒頭15分))対象: (1)‐1小学3年生以下の親子 (1)‐2小学4年生以上(大人も参加可) (2)年齢制限なし定員: (1...

248

広報いなみ(稲美町) 2022年8月号

NEW2022年08月13日

 皆さんが未来へ伝えたいと思う稲美町の風景写真を募集します。 テーマ: 稲美町のため池や水路、水田、集落などが広がる特徴的な風景(文化的景観)、身近な四季の風景や未来に伝えたい風景 サイズなど: ▽応募写真は、六ツ切り・A4・ワイド六ツ切りのいずれか(四ツ切り・ワイド四ツ切りは不可)。 ▽カラー・白黒、縦・横、余白の有無・大小は自由です。※写真用紙を使用してください。※令和3年1月1日以降に撮影...

247

【マイナビ農業】 “日本一のため池密集地域”、一歩先を行く保全管理のノウハウとは

NEW2022年08月11日

 ため池の保全管理に関し、淡路島ため池保全サポートセンターと洲本土地改良事務所の取組が掲載されています。  ため池がその機能を十分発揮するためには適正な管理が欠かせません。地道な活動ですが、この様な取組が淡路島の農業と住民のくらしを支えているのです。  他地域においても非常に参考になります。是非とも多くの方々に読んでいただきたい記事です。 ■ マイナビ農業https://agri.myna...

246

“ため池”の水難事故防止へ講習会開催 転落を実演し一人でも生還できる方法等紹介【新潟】

NEW2022年08月10日

 刈羽村では、ため池での水難事故を防ごうと、脱出方法や安全対策を紹介する講習会が開かれました。 農業用のため池での転落事故を防ごうと、刈羽村で開かれた講習会。ため池は県内に約4000か所あり、去年までの10年間で、大人8人がため池に転落し亡くなっています。 【記者リポート】 「万一ため池に転落したらどのように脱出するか。ポイントは落ち着いて呼吸を確保すること、そして、ため池の管理者はネットの設置...

245

「水の日」及び「水の週間」in加古大池 SUP体験会場にて

2022年08月06日

 SUP体験教室にあわせて兵庫県総合企画局計画課職員の方々が、「水の日」、「水の週間」を広報されました。 ...

244

SUP体験教室in加古大池

2022年08月06日

 8月6日に加古大池でSUP体験教室が行われました。   ため池マンといっしょに、いつもの合言葉、"ひょうごのため池は僕たちが守る!" ...

243

神戸土地改良センター管内ため池現地調査

2022年08月06日

 8月5日、改修や統合廃止、単独廃止予定のため池を神戸市役所のみなさんから説明を受けました。農業用として役割を終えたため池廃止は、必要ですが廃止工事後の維持管理、廃止の同意や洪水調節機能が無くなる対策、下流水路の事など、さまざまな課題を解決しつつ、実施しなければならないと言う事を改めて、現場を見ながら痛感しました。 より良い防災対策のあり方を考えていかなければなりません。   ...

242

光都土地改良センター管内ため池現地調査

2022年08月03日

 7月26日、西播磨県民局管内で今後整備を予定しているため池の現地確認を行いました。 写真は上郡町にある鳳宮池です。大きなため池で、岩がせり出しボトルネックとなっているところ(写真3枚目)に、堤体を設置できるかどうかが今後の大きな検討案件の一つです。 この場所に堤体を設置できると、水を堰き止める堤体延長を小さくできるので、大幅なコスト縮減が可能となります。このため、岩質に見えるところを詳細に調査...

241

加古川流域土地改良事務所管内のため池現地確認

2022年08月02日

 8月1日、加古川流域土地改良事務所管内のため池現地確認へ。老朽化、豪雨、地震対策が必要なため池で、今後改修や統合廃止を検討中です。下流域の被害を想定すると早期の着手が必要となります。仮設道路や用地の問題を地元と調整しながら、国の補助事業化へ向けて各市町の方が中心となり準備が進められます。 非常に暑い一日でしたが、今日も同様のようです。熱中症に皆さんお気をつけて下さい。 ...