ため池保全県民運動

ため池保全活動紹介

184

西島クリーンキャンペーン

NEW2022年05月15日

 5月15日、西島ため池協議会主催のため池クリーンキャンペーンがありました。 参加は、ため池協議会の方々の他、ボランティア団体である「明石ため池清掃志隊」、地域でお仕事をされている企業の方、県、市など約30人。 草刈り、ゴミ広になど1時間30分をかけて数箇所のため池周りで作業をしました。継続的に清掃を続けているので大きなゴミはありませんが、幹線道路沿いのため空き缶やペットボトルが・・・伸びる草は...

183

「うれしのフェスティバル2022」

2022年05月04日

5月4日(水)、嬉野台生涯教育センター(加東市)で「うれしのフェスティバル2022」が開催されました。東条川疏水ネットワーク博物館もしっかりPRしていただいてます。 ...

182

【神戸新聞記事R4.5.3】一緒にため池の防災減災対策に取り組みましょう!

2022年05月03日

2023年入庁の職員採用試験「特別枠」に出願されたみなさん頑張って試験を突破してください。 兵庫県が2023年入庁の職員採用試験で、総合土木職など計5職種に試験日程の早い「特別枠」を設けたところ、いずれの職種でも前回の通常試験の申し込み倍率を大幅に上回ったことが分かった。最大は心理判定員の24倍で、3人の採用予定に対し72人の応募があった。15日に筆記試験があり、面接を経て6月15日に合否が発表...

181

【案内】国営東播用水二期農業水利事業完工記念シンポジウム

2022年05月02日

 東播用水二期農業水利事業の完成と東播用水土地改良区設立50年の節目に、水の大切さや水資源確保の重要性について、今いちど理解を深めるとともに、この豊かな水環境を未来へ受け継ぐきっかけとなることを願い記念シンポジウムが開催されます。多くの皆様の御参加、よろしくお願いします。          記■日時 令和4年5月17日(火)14時~16時■場所 兵庫県土地改良会館 6階会議室■募集人数10...

180

サイコクヒメコウホネの移植

2022年05月02日

 開発による自然環境への影響を具体的な措置によって緩和することを「ミティゲーション」と呼びます。 そして、ミティゲーションは「回避」「最小化」「修正」「軽減」「代償」の5つに分類され、これらは「ミティゲーションの5原則」と呼ばれています。 さて、農業農村整備事業においても、土地改良法により事業実施に際して環境との調和に配慮することが規定されています。県営事業で改修を進めてきた永室中の池(加古川市...

179

「知ろう!学ぼう!総合治水展」in県立人と自然の博物館

2022年04月30日

1 主旨 兵庫県では、平成24年に総合治水条例を制定し、河川や下水道を整備する「ながす」対策、校庭やため池などを活用して雨水を一時的に貯留する「ためる」対策、浸水が発生した場合でも被害を軽減する「そなえる」対策を柱とした『総合治水』に取り組んでいます。総合治水は、地域と一体となって進めることが不可欠なため、多くの皆様に対策について知っていただくことが必要です。この度、県民の皆様に総合治水について...

178

水防マニュアル説明会

2022年04月21日

 令和4年度も20日あまり経過しました。本日(R4.4.21)、神戸は雨ですが、今後、梅雨も近づいてきます。梅雨入りすればたくさんの雨が降り、水防指令の発令も想定されます。 このようななか、本日、県庁農地整備課では「水防マニュアル説明会(web会議)」を開催しました。この度、県庁農地整備課に転入された職員、新規採用職員ほか、関係職員の皆様、説明会の内容をよく理解して非常時に備えましょう。 ...

177

【情報】徳島ため池管理支援センター設立

2022年04月19日

 ため池保全に関する兵庫県の先進的な取組が広がり、この度、徳島県に「徳島ため池管理支援センター」が設立されました。 ※ 徳島ため池管理支援センターの開所式は4月12日に徳島市内で行われました。 豪雨や地震などによる農業用ため池の決壊を防ごうと、県は適正な管理ができるよう技術的な指導を担う「徳島ため池管理支援センター」を設置した。農業従事者の減少や高齢化で、ため池の維持管理が難しくなる中、センター...

176

【毎日新聞R4.4.13】ダムカードならぬ「ため池カード」を限定配布 兵庫・丹波をPR

2022年04月13日

 篠山土地改良が作製したため池カードが続々と新聞記事になっています。さっそく県外からもらいに来られた方もいらっしゃるとか!  兵庫・丹波の豊かな農作物を支える農業用ダムやため池を訪れてもらおうと、篠山土地改良事務所が「ため池カード」を作製し、配布を始めた。現地を訪れた人だけに配布する。山裾にある池が多く、新緑や紅葉の景色も魅力の一つといい、担当者は「現地を訪れ、地域の良さも感じてほしい」と...