ため池保全県民運動

ため池教室

036

R3.10.21 加古川市立志方西小学校 かいぼり

2021年10月22日

 加古川市立志方西小学校の児童が学校に隣接する原皿池で、地域のため池協議会の協力のもとかいぼり体験を行いました。 4年生は胴長を着用し、6年生は地下足袋を履いてため池に入りました。ハスの葉の下に大きな魚が隠れてないかなと、ため池の奥のまで進む児童も・・・。 他の学年(1~3,5年生)は生き物観察を中心に・・・。と言っても、網をもって長靴で池に入れる範囲で魚とりができ、気がつけば泥だらけに。 捕獲...

035

川池現地見学・学習(廻渕・川池(加東市))

2021年10月08日

 本日(10/8(金))、今年度ため池改修工事を予定している『川池』で、現地見学・環境学習を行いました(加古川流域土地改良事務所)。 参加したのは、加東市立米田小学校の3,4年生、校長先生、教頭先生、担当の先生の約20名です。 先ず、落水した川池の中に入ってもらい、仮設道路の上で学習会を行いました。 説明した内容は、①地域の農業を担っている"農業用ため池"の役割について②ため池は農業用水のほか、...

034

高丘東小学校 かいぼり体験

2021年10月05日

 本日(10月5日)は明石市大久保町の中笠池で、釜谷池協議会など地元の協力のもと、明石市立高丘東小学校3年生が「かいぼり体験」を行いました。 生徒たちは、靴が脱げないようにビニールひもでしっかり結び、ため池の中へ! 全身泥だらけになりながら、コイやフナ、エビなどを網で捕獲しました。今回のかいぼり体験に際し、少し早目に水を抜いたこと、加えて暑さで水温が上昇し弱ってる魚もいたり・・・フナ、コイ、ナマ...

033

浜谷池環境学習を実施(丹波篠山市)

2021年09月27日

 地域の農業を担ってきた”農業用ため池”の役割を知ってもらい、正しい管理を行うことが防災にも繋がることや、地域の財産として守っていくことの大切さを理解してもらうことを目的に、今年度ため池改修工事を行う『浜谷池』において環境学習を実施しました。 対象は、丹波篠山市立岡野小学校小学3年生と担当教諭です。また、水難事故防止など、ため池の危険性を周知すると共に、ため池に生息する生き物の観察会を行い、生き...

032

天満東小学校 環境学習

2021年06月24日

 6月22日、稲美町立天満東小学校の環境学習がありました。生徒たちは、天満大池で土地改良区理事長の指導のもと、希少種のアサザの植え付けを行いました。 ...

031

高丘東小学校 環境学習

2021年06月23日

 明石市立高丘東小学校では、1~6年生の全校生が6年間、地域のことやため池の事を学ぶ、ふるさと学習に取り組んでいます。 今回(6月23日)は3年生38人がため池について勉強しました。 教室では、近隣に住む内田さん(釜谷池協議会、エコウイングあかし所属)から、ため池の役割、明石のため池、近くにある釜谷池群(岩蛇池、中笠池、稲葉池、釜谷池)についての話しを聞き、学校近くの釜谷池群では、エコウイングあ...

030

ため池現場見学会(篠山土地改良事務所)

2021年05月18日

 篠山土地改良事務所では、5月14日、改修工事中の大内池(丹波篠山市)において、ため池の近くの多紀小学校の4年生を対象に現場見学会を実施しました。 生徒は、事務所職員から工事の概要説明を受けた後、普段見ることができない施工中の底樋など工事の様子を見学しました。    また、重機の乗車も体験されたようです。多紀小学校のホームページにも記事がアップされていますので、こちらもご覧ください。...

029

いろいろな活動 ー どんな活動があるのかな

2021年01月06日

 わたしたちの生活にさまざまな恵みをもたらしてくれるため池を舞台にして、地域のみんながさまざまな行動を行っています。どのような活動が行われているのか見てみましょう。 兵庫県ため池整備構想 ●ひょうごの21世紀のため池像 構想ではため池の保全・整備の方策として、地域住民や斯民団体等の参加を位置づけました。個々のため池の保全・整備は、ため池管理者である農家...

028

ため池水難事故発生状況

2020年12月23日

兵庫県内の水難事故の死者数は、ここ20年では減少傾向にあります。ため池での死者数は、海、川に続いて多くなっています。 ●事故発生への対策 事故が起こった場合、危険性が予見できた場合や管理を怠っていたと認められる場合は、管理者の責任を問われる場合があります。ため池管理者は、万一のためにため池保険に加入されることが望まれます。 ...

027

ため池の今 ー ため池は今どうなっている?

2020年12月15日

近年ではため池が私たちの生活に身近なものでなくなり、次の世代によりよい形で残すことが難しい状況となっています。ため池は今どうなっているのでしょうか。 都市部に隣接する農地は、次々に開発され宅地や企業用地になりました。市街地が急速に進んだことにより、公民館や学校などの建設用地として、また住宅団地の確保や工業団地の造成を目...