ため池保全県民運動

ため池保全活動紹介

040

【ため池PR動画「ため池を未来につなぐ」】

2021年03月24日

ため池の役割や、その保全の重要性等を多くの方に知っていただくためPR動画を制作しました。タイトルは「ため池を未来につなぐ」!!どうぞ御覧ください。 https://www.youtube.com/embed/JYlzsxN-m4g ため池は、水路などと共に農業用水確保のため人の手によって造られ、維持されてきました。それは、これからも変わりません!!ため池は農業用水の利用だけではな...

039

「令和2年度 ひょうごため池保全推進フォーラム」

2021年03月16日

~ため池の価値と次世代への継承~ 「ため池の価値と次世代への継承」をテーマに、3月15日に開催した「ひょうごため池保全推進フォーラム」、コロナ対策を行い、会場も1会場20人規模でメイン会場と4箇所のサテライト会場に分けてインターネットで接続し、Zoomによるオンライン形式も取り入れ、230名近くの参加がありました。  県農政環境部長挨拶参議院議員の宮崎先生よりオンライン参加による祝辞...

038

「令和2年度 ひょうごため池保全推進フォーラム」案内

2021年02月09日

 県では、水源のかん養や生物多様性の確保など、様々な機能を有するため池が、地域の財産として将来を担う子どもたちへ継承されるよう、ため池教室や環境学習、SNSによる情報発信のほか、かいぼりやクリーンキャンペーンなどの取組を、ため池保全県民運動として進めています。  本フォーラムでは教育、環境、地域づくりに関わる分野で積極的に活動されているバネリストを迎えて、どのようにしてため池を将来へ継承す...

037

【鴨池「続・ひょうご水百景」(姫路市)】

2021年02月09日

県内各地の河川やため池など、水辺に係る歴史や文化を取材し、その成果を「ひょうご水百景」として纏められてる県職員OBの松本幸男氏(現 ㈱日水コン)が、このほど、姫路市林田の鴨池を取材された「続・ひょうご水百景」を発刊されましたので、紹介させていただきます。■ 林田八景の一つ~「西池と琵琶山」上の写真は、鴨池に突き出た弁天島を撮ったものです。弁天島にはサルスベリの木が数本植えられていて、本来...

036

【みんなでつくろう!私たちだけの東条川疏水マップ(東条川疏水フォトコンテスト)】 

2021年02月05日

 国営東条川二期土地改良事業が令和3年度から着工予定です。 その東条川疏水は、小野市、加東市、三木市に跨がる広範囲の受益地を潤しています。 現在、この東条川疏水をテーマに大阪大学COデザインセンター、加古川流域土地改良事務所が主催の『東条川疏水フォトコンテスト』が実施されています。  スマートフォンで疏水関連の施設を撮影するだけでなく、みなさまのささいな日常や何気なく感じたことなど、エピソードも...

035

【清水新田クリーンキャンペーン(明石市)】

2021年02月03日

本日の清掃で、特筆すべきは、消防団員、地域の奥さま方や子どもたち、明石ため池清掃志隊など、清水新田地区内外から約100人もの方々が参加されていたことです。役員さんの苦労もさることながら、ため池清掃の時期を固定していることで地域行事として認知され、多くの参加が得られ、ため池清掃活動が地域行事として継続されています。 【参考】清水新田地区は、平成24~28年度に農村総合...

034

【広報淡路 Awaji 12月号(淡路市)】

2020年12月18日

 淡路市の広報誌『広報淡路Awaji 12月号』に、過日実施した大田池でのかいぼりが掲載されました。淡路市民以外のみなさまにも紹介したく掲載します。表紙写真は、胴長を着てジョレンを持った男たち。タイトルは、「ため池王国・淡路市 かいぼりに密着取材」 大田池で10月17~18日の2日間にわたって行われた「かいぼり」についての特集記事です。 広報 淡路12月号 表紙  ため...

033

【いなみ野ため池巡りロゲイニング(加古川市、稲美町)】

2020年12月03日

 11月29日(日)に、加古川市平岡町にてオ池リンピック2020 フィナーレをかざるイベント「いなみ野ため池巡りロゲイニング」が開催されました。  加古川市の寺田池をスタート&ゴールで稲美町と加古川市のため池など7つのチェックポイントを自由に巡り、制限時間内に出来る限り沢山回り、地域の特産物やため池の魅力などを発見してもらうイベントです。 説明を受ける参加者の方々 ...

032

【雲楽池クリーンキャンペーン(明石市)】

2020年12月02日

 11月21日に雲楽池で清掃活動が行われました。 場所は、明石市消防本部と防災センターの東側に位置し、参加者は約40人。空きビン、食器類などのゴミを回収しました。 こういう地道な取り組みが行われることで、ため池の維持につながります。  ハスが生息する雲楽池、「池さらえ」にまつわるお話があります。「明石昔話」によれば、むかし雲楽池の水を落とし、池浚えをするという御触れが城下にあった時...