ため池保全県民運動

ため池保全活動紹介

254

【R4.8.20神戸新聞記事】北池クリーンキャンペーン(播磨町)

2022年08月20日

ため池で地域住民が大掃除7月10日の取組ですが、神戸新聞の記事になりましたので報告します。 【播磨町】ため池で地域住民が大掃除 播磨町東野添の北池で7月10日、同町水辺のクリーンキャンペーンに合わせた一斉清掃が行われた。 ため池を通して地域のつながりづくりを推進している「かがやきの北池コミュニティ」のメンバーを中心に、同池周辺の自治会から200人を超える住民が参加した。 この日は、災害時にため池...

253

【案内】西島オニバス観察会(明石市)

2022年08月18日

 昨年中止となった、オニバス観察会が今年は”いなみ野ため池ミュージアム20周年記念リレーイベント”のひとつとして開催されます。 オニバスは日本最大級の水生植物で、全国でも100箇所程度しか生育が確認されていません。明石市では毎年数か所のため池で生育が確認されています。オニバスやため池の生き物に触れて、観察して体験してみよう!!   日 時  令和4年8月28日(日)(少雨決行) 10:00...

252

県民だよりひょうご 2022年8月号【東播磨県民局からのお知らせ】

2022年08月14日

 ■いなみ野ため池ミュージアム20周年記念イベント  ─令和3年11月~4年11月─天満大池アサザ祭り 絶滅危惧種の水草、アサザの解説会をはじめ、ため池の生き物展示や魚のつかみ捕りなど。 無料。 日時:9月25日(日)10時~13時 場所:天満大池(稲美町) 問合せ:東播磨県民局県民課(水辺地域づくり担当) 【電話】079-421-9026 【FAX】079-424-9977 「いなみ野ため池ミ...

251

【神戸新聞記事】全国唯一?明石のプールで泳ぐのは 生態系脅かすアカミミガメ3千匹、捕獲作戦の果てに

2022年08月14日

 明石クリーンセンター(兵庫県明石市大久保町松陰)内に、自治体施設としては全国でも珍しいアカミミガメ(ミドリガメ)の保管プールがある。地域の生態系を守る取り組みの中で捕獲したり、引き取ったりした数千匹が所狭しと泳いでいる。(長尾亮太) ごみ処理を担うセンターの西端にプールはある。記者がゆっくり近づくと、まだ10メートルほど離れているのに気配を察知。プールサイドで甲羅干しをしていたカメたちが一斉に...

250

東播磨のため池で学生プロデュース結婚式を挙げませんか?~いなみ野ため池ミュージアム20周年記念事業~

2022年08月13日

 東播磨地域を象徴する「ため池群と水路網」を地域の財産として、“守り、活かし、次世代に継承する”ため、多様な主体の参画と協働のもと、地域全体を“まるごと博物館”とする「いなみ野ため池ミュージアム」を平成14年度より展開しています。 この度、20周年記念事業の一つとして、兵庫大学の学生プロデュースによる、ため池ウェディングを下記のとおり企画し、カップルを募集しています。  【寺田池】 ・挙式...

249

広報かさい(加西市) 2022年8月号

2022年08月13日

■ため池カヌー体験と水辺の安全教室参加者募集日時:9月3日(土)9時〜15時30分 (荒天中止)場所:西笠原町大池内容: (1)午前の部水辺の安全教室 and カヌーとラフティングボートを使った体験会 (2)午後の部カヌー体験(3交代制、安全教室と漕ぎ方講習を受ける(冒頭15分))対象: (1)‐1小学3年生以下の親子 (1)‐2小学4年生以上(大人も参加可) (2)年齢制限なし定員: (1...

248

広報いなみ(稲美町) 2022年8月号

2022年08月13日

 皆さんが未来へ伝えたいと思う稲美町の風景写真を募集します。 テーマ: 稲美町のため池や水路、水田、集落などが広がる特徴的な風景(文化的景観)、身近な四季の風景や未来に伝えたい風景 サイズなど: ▽応募写真は、六ツ切り・A4・ワイド六ツ切りのいずれか(四ツ切り・ワイド四ツ切りは不可)。 ▽カラー・白黒、縦・横、余白の有無・大小は自由です。※写真用紙を使用してください。※令和3年1月1日以降に撮影...

247

【マイナビ農業】 “日本一のため池密集地域”、一歩先を行く保全管理のノウハウとは

2022年08月11日

 ため池の保全管理に関し、淡路島ため池保全サポートセンターと洲本土地改良事務所の取組が掲載されています。  ため池がその機能を十分発揮するためには適正な管理が欠かせません。地道な活動ですが、この様な取組が淡路島の農業と住民のくらしを支えているのです。  他地域においても非常に参考になります。是非とも多くの方々に読んでいただきたい記事です。 ■ マイナビ農業https://agri.myna...

246

“ため池”の水難事故防止へ講習会開催 転落を実演し一人でも生還できる方法等紹介【新潟】

2022年08月10日

 刈羽村では、ため池での水難事故を防ごうと、脱出方法や安全対策を紹介する講習会が開かれました。 農業用のため池での転落事故を防ごうと、刈羽村で開かれた講習会。ため池は県内に約4000か所あり、去年までの10年間で、大人8人がため池に転落し亡くなっています。 【記者リポート】 「万一ため池に転落したらどのように脱出するか。ポイントは落ち着いて呼吸を確保すること、そして、ため池の管理者はネットの設置...