ため池保全県民運動

ため池保全活動紹介

234

【神戸新聞記事R4.7.24】高砂のため池「皿池」で防災パトロール 水利組合など破損箇所の有無確認

2022年07月24日

台風やゲリラ豪雨による水害に備えようと、兵庫県高砂市阿弥陀町阿弥陀の皿池で23日、防災パトロールが行われた。阿弥陀地区の水利組合や東播磨県民局、高砂市・市消防本部、高砂署などから約40人が参加。破損箇所がないかなどを確認した。神戸新聞NEXThttps://www.kobe-np.co.jp/news/touban/202207/0015496693.shtml?fbclid=IwAR3yQoG...

233

県民だよりひょうご(2022年7月号)【東播磨県民局からのお知らせ】

2022年07月18日

■いなみ野ため池ミュージアム20周年記念イベント 西島オニバス観察会日本最大の水生植物の観察を通して、ため池が育む豊かな自然を学びます。無料。日時:8月28日(日)10時~12時(9時30分から受け付け) ※県民だよりでは10時〜14時となっていますが間違いです。場所:西島皿池(明石市)問合せ:東播磨県民局県民課(水辺地域づくり担当) 【電話】079-421-9026<tel:079421...

232

農政環境常任委員会

2022年07月18日

 7月19日の農政環境常任委員会、閉会中の継続調査事件として、 ①「農業生産基盤及び農村環境の整備・保全について」 ②「主要農作物の生産振興について」  の調査でした。ため池や農業用ダムの治水活用に関する質問があり農地整備課長が答弁しました。 ...

231

【神戸新聞記事R4.7.18】ため池20カ所超、豪雨に危機感

2022年07月18日

 豪雨による災害が全国で相次ぐ中、明石市魚住地区では防災マップ作成を進めるなどして、地震や風水害への備えを進めています。 ...

230

原大池カヌー大会(加古川市) いなみ野ため池ミュージアム20周年イベント

2022年07月18日

 いなみ野ため池ミュージアム20周年記念イベント!  原大池カヌー大会見学会に参加。 天候を心配していましたが、天気も回復、150人を超えるイベントとなりました。地域のため池協議会とカヌー協会が連携し、地域の子ども達や家族がため池でのカヌーを楽しみました。 ■ ため池保全県民運動フェイスブック ショート動画① https://www.facebook.com/100002930031976...

229

洲本管内ため池現地調査

2022年07月14日

 7/13(水)、淡路市にある大川新池の現地調査を行いました。大川新池は堤高10m以上、貯水量8万トン以上ある非常に大きなため池ですが、市では廃止を計画しています。 添付の航空写真をご覧ください。ため池から海に向かって着色されている区域は、万が一、ため池が決壊した場合に流出した水で浸水する可能性のある区域です。 特に赤色の部分は歩行による避難が困難なエリアで人的被害が想定されます。古来から水不足...

228

水利施設管理強化事業

2022年07月12日

 国はため池の治水活用を推進するため、流域治水プロジェクト等に位置付けられた施設を対象に農業用ため池の低水管理等利水を目的とした操作管理を超える取組等に要する費用を支援することとしています。 制度拡充初年度のため、実施申請にはまだ余裕があります。集中豪雨が頻発するなか、国補助事業を上手く活用し、地域安全度の向上が図れたらと思います。 農林水産省ホームページ 水利施設管理強化事業PDFhtt...

227

農業土木職員初任者研修

2022年07月11日

 7月11日、県農地整備課では農業土木職員初任者研修を開催しました。対象は、入庁1~3年目までの職員、市町研修職員、県土連職員です。 農地防災班(ため池水利担当)は、①兵庫県のため池防災・減災対策の推進、②演習(堤体の安定計算)等を説明しました。(注)防災担当は、ため池以外の防災事業を説明ため池防災減災対策としては、「ため池の保全等に関する推進方針」に規定している3つの基本方針(「まもる」、「い...

226

姫路管内ため池現地調査

2022年07月07日

 7月7日、福崎町の直谷池(すぐたにいけ)の現地調査を行いました。直谷池は堤高10mを超える大きな池です。添付の写真では堅固なため池に見えますが、現在の基準では所定の耐震性能を有していないことが判明しています。 そのため、今後起こり得る大規模地震に備えて全面改修を行う予定で、現在、農村地域防災減災事業 令和5年度新規事業地区として採択申請に向けた準備を進めているところです。 ため池改修では満水位...